扁桃炎(症状/治療・予防/原因)

扁桃炎 を紹介しています。

扁桃炎(症状/治療・予防/原因)

扁桃炎とは?

扁桃炎は扁桃に炎症が起こる状態で、急性扁桃炎と慢性扁桃炎があります。

急性扁桃炎の原因には、溶血性連鎖球菌、黄色ブドウ球菌、肺炎双球菌、ウイルスなどによる感染で炎症を引き起こすことが多いです。
そして急性扁桃炎を1年に何度も繰り返すと、慢性扁桃炎と呼ばれるようになります。

スポンサードリンク

扁桃炎の症状

急性扁桃炎の症状には、高熱、喉の痛み、全身倦怠感、間接痛などが見られます。
慢性扁桃炎の場合は扁桃に膿の塊が見られることが多いです。

扁桃炎の治療

すぐに診察を受けることが大切です。薬物療法ではペニシリン系の抗生物質を使用し、安静にすることが第一です。
なお、慢性扁桃炎となる患者さんは、他の部分に病気が感染する危険性があるため、手術が必要な場合があります。

扁桃炎の予防

扁桃炎の予防には、ウイルスや細菌の感染によるものが多いため、体内の免疫力を低下させないように栄養を十分に取って、体に負担のない日常生活を送ることが大切です。
また、風邪予防と同様、うがいや手洗いも有効です。

スポンサードリンク


扁桃炎(症状/治療・予防/原因)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .