過敏性肺炎(症状/原因)

過敏性肺炎 を紹介しています。

過敏性肺炎(症状/原因)

過敏性肺炎とは?

過敏性肺炎は、有機塵や無機塵が抗原となって、体内でアレルギー反応を引き起こした結果、肺の間質に肉芽腫性が起こる病気です。
過敏性肺炎にはいろいろなものが抗原となって発病しますが、主に夏型過敏性肺炎、空調病、加湿器病、農夫肺、鳥飼病などが代表的です。

スポンサードリンク

夏型過敏性肺炎

過敏性肺炎の中でも夏型過敏性肺炎が最も多く、主にカビの胞子が抗原となってアレルギー反応が起こります。

夏型といわれるのは、カビは5月〜10月の高温多湿環境で育ちやすく、発症時期もこの時期に伴うことから言われています。
夏型過敏性肺炎となると発熱、咳、息切れなどの症状が見られます。

空調病・加湿器病

空調病や加湿器病は空調施設や加湿器にいるカビや細菌が原因となって発病し、夏型過敏性肺炎と異なり慢性的に症状が見られます。

農夫肺、鳥飼病

農夫肺はサイロなどの草や穀類にいるカビの胞子によって発病し、鳥飼病は鳩等の排泄物や羽毛が原因となって引き起こします。

スポンサードリンク


過敏性肺炎(症状/原因)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .