溶血性貧血(症状/検査・原因)

溶血性貧血 を紹介しています。

溶血性貧血(症状/検査・原因)

溶血性貧血とは?

溶血性貧血は赤血球は正常に作られますが、体の中で赤血球が壊れてしまうこと(溶血)で貧血となります。
骨髄は赤血球が壊れると、その分を補おうと新しい赤血球を作りますが、溶血性貧血では赤血球の産生が壊れていく速度に追いつきません。

スポンサードリンク

溶血性貧血の原因

溶血性貧血の原因には生まれつきの先天性溶血性貧血と感染症や薬物、自己免疫性による後天性溶血性貧血に分類されます。
赤血球の溶血は赤血球膜の異常、ヘモグロビンの異常、血球内酵素の異常によって赤血球の壊れやすくなります。

溶血性貧血の症状

溶血性貧血の症状には、黄疸(溶血性黄疸)、脾臓の腫れ、立ちくらみ、頭が重い、動悸、息切れ、疲れやすい、顔が青白いなどの症状があります。

溶血性貧血の検査

溶血性貧血では、血液検査のヘモグロビンで貧血を確認して、出血が見られない網状赤血球の増加、免疫が関与しているか調べるクームス試験、など検査を行って貧血の種類を調べていきます。

網状赤血球の基準値を以下に示します。
☆網状赤血球数…0.5%〜1.5%

スポンサードリンク


溶血性貧血(症状/検査・原因)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .