特発性血小板減少性紫斑症(症状/検査/治療法)

特発性血小板減少性紫斑症 を紹介しています。

特発性血小板減少性紫斑症(症状/検査/治療法)

特発性血小板減少性紫斑病

特発性血小板減少性紫斑病は免疫性血小板減少性紫斑病とも呼ばれ、自己免疫反応が原因で起こる紫斑病のひとつです。

この自己免疫反応は、自分の血小板に対して免疫反応が起こり、抗体が作られます。その結果、血小板が破壊・減少して出血が起こりやすく、皮膚に紫斑があらわれます。

スポンサードリンク

特発性血小板減少性紫斑病の症状

皮膚や粘膜の出血斑、鼻、歯茎、尿路、性器、消化管、頭蓋骨などでの出血、月経過多などがおこります。

子供の特発性血小板減少性紫斑病は急性型が多く、出血症状が強いです。
一方で成人女性の特発性血小板減少性紫斑病は慢性型が多く、症状は穏やかですがなかなか治りません。

特発性血小板減少性紫斑病の検査・診断

血小板数、血小板機能検査、血液像、骨髄穿刺など。

血小板数は正常値は14〜34万ですが、10万以下で出血能力が低下し、5万を切ると紫斑が見られます。そして2万〜3万以下では歯肉出血や鼻出血、1万〜2万以下では消化管出血や頭蓋骨内出血が起きる可能性があります。

特発性血小板減少性紫斑病の治療法

特発性血小板減少性紫斑病の治療は、一般に血小板数が2万〜3万で出血が見られない場合は特に治療しませんが、出血傾向が見られる血小板の減少は、薬物療法として副腎皮質ホルモン薬、免疫抑制薬や脾臓の摘出手術などを用います。また、ピロリ菌の薬で血小板が増加することがあります。

スポンサードリンク


特発性血小板減少性紫斑症(症状/検査/治療法)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .