一酸化炭素中毒(症状/検査/原因/治療)

一酸化炭素中毒 を紹介しています。

一酸化炭素中毒(症状/検査/原因/治療)

一酸化炭素中毒とは?

一酸化炭素中毒とは、一酸化炭素によって体内が酸素不足になることで、様々な症状を引き起こします。

一酸化炭素はストーブによる不完全燃焼、都市ガス、自動車の排ガスなどによって発生し、吸引すると体内に酸素を運ぶヘモグロビンと強力に結合します。
ヘモグロビンは酸素より一酸化炭素との結合力の方が強いため、一酸化炭素があると酸素は運ばれなくなります。

スポンサードリンク

一酸化炭素中毒の症状

酸素不足により頭痛、昏睡、失神、意識喪失を引き起こし、呼吸停止に陥ります。
一酸化炭素中となってから意識が回復しても、神経症状や精神症状が再度あらわれる可能性があります。

一酸化炭素中毒の検査

一酸化炭素中毒の検査は、血液中の一酸化炭素濃度を測定して診断します。

一酸化炭素中毒の治療

軽度の一酸化炭素中毒では、新鮮な空気を吸うことで回復することが多いです。
重症の場合はフェースマスクを使った高濃度の酸素吸入や人工呼吸を行います。酸素は血液中の一酸化炭素を消滅させ、症状を緩和します。
必要に応じて高圧酸素療法を行うことがあります。

スポンサードリンク


一酸化炭素中毒(症状/検査/原因/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .