ビタミン欠乏症(症状/治療)

ビタミン欠乏症(ビタミンA、B1、B2、C、D) を紹介しています。

ビタミン欠乏症(症状/治療)

ビタミン欠乏症とは?

ビタミン欠乏症は体内のビタミンが不足することです。

ビタミン欠乏症を引き起こしやすい主なビタミンには、ビタミンA、B1、B2、ナイアシン、C、Dがあります。

ビタミンは体内で作ることができないために外部からの供給が不可欠です。
しかし、一日に必要なビタミンはごく微量ですので、普通に食事をしていればビタミン欠乏症になることはまずありません。

そのため、ビタミン欠乏症になる場合は、極端に偏った食事を行ったときや病気によってビタミンが欠乏するときに起こります。

スポンサードリンク

ビタミンA欠乏症(症状/治療)

1.ビタミンAの機能
ビタミンAは目の機能に関与しています。
私たちが明るい場所から暗い場所に移動した時、暗い環境で目が慣れるまでしばらく時間がかかります。ビタミンAは、この暗い環境に順応するために必要です。

2.ビタミンA欠乏症の症状
目が暗いところに順応するときに必要ですので、ビタミンAが欠乏すると暗闇で視力が著しく衰え、目がよく見えなくなります。
このことを夜盲症、または鳥目といいます。
また皮膚がカサカサに乾燥しやすくなり、結膜や角膜の表面も乾燥します。

3.ビタミンA欠乏症の治療
ビタミンA欠乏症の治療にはビタミンA剤がよく用いられます。

ビタミンB1欠乏症・脚気(症状/治療)

1.ビタミンB1の機能
ビタミンB1は主に糖質の代謝に関与しています。

2.ビタミンB1欠乏症(脚気)の症状
ビタミンB1欠乏症はいわゆる脚気で、倦怠感、動悸、手足の痺れ、下肢のむくみなどがみられるようになり、症状が悪化すると心臓の機能に障害が生じて心不全を行う危険性があります。

3.ビタミンB1欠乏症の治療
ビタミンB1剤の注射や内服で治療します。

ビタミンB2欠乏症(症状/治療)

1.ビタミンB2欠乏症の症状
ビタミンB2は主に発育・成長の関与や皮膚・目・角膜の機能に関与しています。
ビタミンB2は長期間の飲酒や感染症などで欠乏しやすく、欠乏症状には唇や目の周囲のただれ、舌の紫紅色の腫れ、顔や耳の湿疹などがあります。

2.ビタミンB2欠乏症の治療
ビタミンB2剤を投与して治療します。

ビタミンC欠乏症(症状)

ビタミンCが欠乏すると血管壁が弱くなって、歯茎や皮膚、粘膜から出血しやすくなります。
また、発育不全、虚弱、下肢の痛み、運動障害などもビタミンC欠乏症の症状にみられます。

ビタミンD欠乏症(症状/治療)

1.ビタミンD欠乏症の症状
ビタミンDは体内のカルシウム吸収を助けます。
そのため、ビタミンD欠乏症になると、骨の発育障害、くる病、骨軟化症などを引き起こす可能性があります。

2.ビタミンD欠乏症の治療
ビタミンD剤の使用と日光に当たることで治療がおこなわれます。
日光に当たることは、皮膚での紫外線によるビタミンDの合成を促進することができます。

スポンサードリンク


ビタミン欠乏症(症状/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .