褐色細胞腫(症状/検査/治療)

褐色細胞腫 を紹介しています。

褐色細胞腫(症状/検査/治療)

褐色細胞腫とは?

褐色細胞腫とは副腎髄質細胞や交感神経節細胞にできる腫瘍のことです。

褐色細胞腫はアドレナリンやノルアドレナリンを過剰に分泌するため、高血圧症や代謝亢進状態を引き起こします。

アドレナリンやノルアドレナリンの分泌には急に分泌される発作型と常に分泌される持続型があります。良性の腫瘍が多いですが、悪性の腫瘍もあります。

スポンサードリンク

褐色細胞腫の症状

体重減少、発汗、四肢の冷感、手指の振るえ、頭痛、吐き気、嘔吐、全身の虚脱感、視力障害など。

褐色細胞腫ではアドレナリンやノルアドレナリンの分泌により高血圧を引き起こすため、頭痛、動悸などがあらわれます。

褐色細胞腫の検査

尿検査、血液検査、CT検査、MRI、超音波検査、シンチグラフィーなど。

褐色細胞腫がある場合は、血中や尿中のカテコールアミン(アドレナリン、ノルアドレナリン)の増加が確認されます。

その他には白血球の増加、血沈亢進、基礎代謝の亢進、高血圧などがみられます。CT検査やMRIなどの画像診断では腫瘍の確認を行います。

褐色細胞腫の治療

一般的に手術で治療し、手術ができない場合は薬物療法を行います。

褐色細胞腫の手術では腫瘍の摘出を行い、手術後に血圧が安定すると退院できます。薬物療法で治療する場合はα遮断薬とβ遮断薬を使用します。

スポンサードリンク


褐色細胞腫(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .