先端巨大症(症状/検査/治療)

先端巨大症 を紹介しています。

先端巨大症(症状/検査/治療)

先端巨大症とは?

先端巨大症とは先端肥大症とも呼ばれ、成長ホルモンが過剰に分泌されることが原因で起こる病気です。

成長ホルモンの分泌は、下垂体前葉と呼ばれる部位から作られて分泌されます。この下垂体前葉に腫瘍ができたり肥大化すると、成長ホルモンが過剰に分泌されるようになります。

スポンサードリンク

先端巨大症の症状

先端巨大症の症状は鼻、唇、舌が肥大し、下顎や眉毛の辺りが突き出してきます。この症状は成長ホルモンの過剰分泌により骨が変形することで起こります。

顔つきの変化以外にも、指が太くなる、関節が異常にやわらかくなる、視野が狭くなる、月経異常などの症状がみられる場合があります。

先端巨大症の検査

血液検査、視野検査、X線CT、MRIなど。

血液検査では血液中の成長ホルモンの濃度変化を調べます。
成長ホルモンの異常を確認した場合は、下垂体機能などの詳しい検査を行います。

先端巨大症の治療

先端巨大症の治療では下垂体の腫瘍に対する摘除手術が行われます。
さらに必要に応じて薬物療法やX線照射などで治療を行います。

スポンサードリンク


先端巨大症(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .