ビタミン欠乏症(症状・検査)

ビタミン欠乏症(ビタミンA、D、E、K、B1など) を紹介しています。

ビタミン欠乏症(症状・検査)

ビタミン欠乏症とは?

ビタミン欠乏症は体内のビタミンが不足することで、体調を壊しやくすなり、動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病を引き起こしやすくなります。
ビタミンが不足する原因には食生活でビタミンを適切に摂取できていない、ビタミンがうまく吸収されない、代謝に異常がある、などがあります。

スポンサードリンク

ビタミン欠乏症の症状

体内のビタミンが欠乏すると欠乏しているビタミンの種類によって様々な症状が現われます。
1.ビタミンA欠乏症…とり目、眼球乾燥症、皮膚疹、発育障害、味覚、聴覚異常など
2.ビタミンD欠乏症…骨軟化症、くる病、骨・歯の発育不全など
3.ビタミンE欠乏症…不妊症、習慣性流産、しもやけ、指のしびれなど
4.ビタミンK欠乏症…乳児の頭蓋骨内出血、血液凝固の遅延、骨形成不全など
5.ビタミンB1欠乏症…脚気、多発性神経炎、疲労感、食欲減退など
6.ビタミンB2欠乏症…口角炎、口唇炎、成長停止など
7.ビタミンB6欠乏症…貧血、多発性神経炎
8.ナイアシン欠乏症…日光照射で口内炎、下痢、無気力など
9.パントテン酸欠乏症…皮膚炎、知覚異常など
10.ビオチン欠乏症…皮膚湿疹、貧血、皮膚炎など
11.葉酸欠乏症…巨赤芽球性貧血、高ホモシステイン血症
12.ビタミンB12欠乏症…悪性貧血など
13.ビタミンC欠乏症…しみ、そばかす、壊血病、疲労感など

ビタミン欠乏症の検査

血液検査や尿検査によって各ビタミン濃度を測定します。

スポンサードリンク


ビタミン欠乏症(症状・検査)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .