ビタミン過剰症(症状/原因)

ビタミン過剰症(ビタミンA,D,Kなど) を紹介しています。

ビタミン過剰症(症状/原因)

ビタミン過剰症とは?

ビタミン過剰症とはビタミン過剰に摂り過ぎることで起ります。

ビタミンの過剰摂取で注意するビタミンにはビタミンA、ビタミンD、ビタミンKであるといわれています。一方でビタミンB群やビタミンCは、尿中に排泄されるので、ほとんど心配ありません。

スポンサードリンク

ビタミン過剰症の症状

ビタミンA,D,Kは肝臓や脂肪組織に蓄積されやすいため、過剰症を起こします。
1.ビタミンA過剰症…頭痛、嘔吐、筋肉痛、疲労、骨障害など。
2.ビタミンD過剰症…倦怠感、多尿、嘔吐、便秘、脱水、腎障害など。
3.ビタミンK過剰症…呼吸困難、皮膚水疱など

ビタミン過剰症の原因

普通の食生活ではビタミン過剰症は起りませんが、偏った食事やビタミン剤の摂り過ぎなどが原因で起ります。

ビタミンA過剰症では、「動物の肝臓を長期間大量に食べる、ビタミンA剤の摂りすぎ」が原因で、ビタミンDやビタミンKでは各製剤の大量服用が主な原因でビタミン欠乏症が引き起こされる可能性があります。
なお、ビタミンD、ビタミンK欠乏症は食事によって引き起こされることはありません。

スポンサードリンク


ビタミン過剰症(症状/原因)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .