バセドウ病・甲状腺機能亢進症(症状/検査/治療)

バセドウ病(甲状腺機能亢進症) を紹介しています。

バセドウ病・甲状腺機能亢進症(症状/検査/治療)

バセドウ病(甲状腺機能亢進症)とは

甲状腺ホルモンが異常に分泌される病気で、血中の甲状腺を刺激する甲状腺刺激抗体が作られるため、自己免疫反応を引き起こして甲状腺が腫れます。

バセドウ病は女性が圧倒的に多く男性の約4倍になります。
バセドウ病の患者さんは20代〜30代に多いことも特徴です。

スポンサードリンク

バセドウ病の症状

眼球突出、目つきが鋭くなる、皮膚の黒ずみ、頻脈、指のふるえ、疲労感、集中力の低下などが起ります。
甲状腺の腫れについては、首の前方から中央の下部にわたり、蝶の羽のような形で腫れが見られます。

バセドウ病の検査・診断

甲状腺ホルモン検査、RI検査、ヘモグロビン、赤血球、X線、心電図など。

バセドウ病の場合、眼球突出といった症状から見当がつきますが、診断を確定する為に、甲状腺ホルモンなどを調べていきます。
甲状腺ホルモンの異常を診断するには、血中の甲状腺ホルモンと甲状腺刺激ホルモンの濃度を調べます。

バセドウ病の治療

薬物療法では甲状腺ホルモンの合成を抑制する薬を用います。
その他には放射線のヨードを用いたアイソトープ療法や甲状腺を切除する手術などがあります。

スポンサードリンク


バセドウ病・甲状腺機能亢進症(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .