副甲状腺機能亢進症(症状/検査/治療・手術)

副甲状腺機能亢進症 を紹介しています。

副甲状腺機能亢進症(症状/検査/治療・手術)

副甲状腺機能亢進症とは?

副甲状腺機能亢進症とは副甲状腺ホルモンが大量に分泌され、血中のカルシウム濃度が異常に高くなる病気です。

副甲状腺機能亢進症は40代〜60台の女性に多く見られます。
副甲状腺ホルモンが大量に分泌される原因には腹腔状線の腫瘍や細胞の過度の増殖によって引き起こされます。

スポンサードリンク

副甲状腺機能亢進症の症状

副甲状腺機能亢進症の症状には骨や関節の痛み、骨折、吐き気、食欲不振、便秘、体重減少などがあります。
特徴的な症状はありませんので、症状から副甲状腺機能亢進症であると判断することは難しいです。

副甲状腺機能亢進症の検査・診断

検査には血液中のカルシウム濃度が高いか調べて、副甲状腺ホルモンの濃度を検査します。また腫瘍の有無を、超音波検査、CT検査、MRI、シンチグラムなどで検査を行います。

副甲状腺機能亢進症の治療・手術

検査を行った結果、良性腫瘍であると診断した場合は腫瘍の除去やPEITなどで治療を行います。一方で悪性腫瘍であると確認された場合、腫瘍とその周囲の組織、周囲のリンパ節を除去する手術が必要です。

スポンサードリンク


副甲状腺機能亢進症(症状/検査/治療・手術)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .