副甲状腺機能低下症(症状/検査/治療)

副甲状腺機能低下症 を紹介しています。

副甲状腺機能低下症(症状/検査/治療)

副甲状腺機能低下症とは?

副甲状腺機能低下症は、副甲状腺機能の低下によって血中の副甲状腺ホルモンが減少し、血中のカルシウム濃度が減少する病気です。
副甲状腺機能低下症は血中のカルシウムが減少するため、幼児の患者さんは歯の形成が弱くなり、知能の発達が遅延し、うつ症状などになる可能性があります。

スポンサードリンク

副甲状腺機能低下症の症状

副甲状腺機能低下症の症状には、筋肉の痛みやしびれ、抑うつ状態などが見られるようになります。

副甲状腺機能低下症の検査・治療

副甲状腺機能低下症の検査では血中のカルシウム濃度や副甲状腺ホルモンの濃度を検査することで診断します。

副甲状腺機能低下症では血中のカルシウム濃度が減少するため、血中のカルシウム濃度を適切に保つカルシウム剤の使用と、カルシウムの吸収を助けるビタミンD3剤などが使用されます。
食物では、カルシウムを多く含む牛乳などを積極的にとるようにします。

スポンサードリンク


副甲状腺機能低下症(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .