変形性脊椎症(症状/検査/治療)

変形性脊椎症 を紹介しています。

変形性脊椎症(症状/検査/治療)

変形性脊椎症とは?

変形性脊椎症とは、椎間板が変化して椎体の縁に骨が突出することで神経や脊髄を圧迫する病気です。

若い頃に重労働や激しいスポーツを行ってきた人が40歳以降に発症する場合が多く、頸椎や腰椎に起きやすいです。
変形性脊椎症に加えて、脊椎管狭窄や椎間板ヘルニアなどを引き起こすと症状はさらに悪化します。

スポンサードリンク

変形性脊椎症の症状

☆頸椎の場合
上肢のしびれ、上肢の痛み、感覚障害、筋力低下、筋萎縮など。
上記のような神経症状がひどくなると歩行障害、膀胱障害、直腸障害を引き起こすこともあります。

☆腰椎の場合
腰痛、下肢の痛み、感覚障害、筋萎縮などがみられます。

☆胸椎の場合
背部痛やしびれ感などがあります。頸椎や腰椎よりは比較的症状が軽いです。

変形性脊椎症の検査

症状から変形性脊椎症の部位を推定し、単純X線検査、MRI検査、CT検査などで詳しく調べていきます。

変形性脊椎症の治療

保存療法、手術療法など。

主に保存療法がおこなわれます。
保存療法では安静にした上で、薬物療法、体操療法、温熱療法、頸椎牽引、骨盤牽引などの治療法を行います。
保存療法でも症状が改善されない場合は、手術療法が行われます。

スポンサードリンク


変形性脊椎症(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .