真珠腫中耳炎(症状/検査/治療)

真珠腫中耳炎 を紹介しています。

真珠腫中耳炎(症状/検査/治療)

真珠腫中耳炎とは?

真珠腫とは、皮膚の上皮が層状に重なり、真珠のような光沢のあるものいいます。
このような真珠腫は、鼓膜や外耳道の一部の陥凹部分から、皮膚が中耳腔に入り込むことで形成されます。真珠腫が内耳腔の耳小骨を破壊して様々な症状を引き起こすことを真珠腫中耳炎といいます。

スポンサードリンク

真珠腫中耳炎の症状

難聴、耳漏、めまい、頭痛、顔面神経麻痺、悪臭のある耳だれなど。
真珠性中耳炎による骨の破壊が進行すると、炎症が神経や脳まで影響を与える危険性があります。

真珠腫中耳炎の検査・診断

聴力検査で軽度の難聴を確認し、耳鏡検査で真珠腫を確認します。
そして、骨破壊や真珠腫の進展について詳しく調べるために、レントゲン検査やCTスキャンを行うことで診断します。

真珠腫中耳炎の治療

真珠腫中耳炎の治療には真珠腫を除去する手術を行う必要があります。
真珠腫を全部取り除いても再発する可能性がありますので、定期的に診察を受けることが大切です。また真珠性中耳炎で耳だれがある場合は、抗生物質などによる耳だれの治療を行います。

スポンサードリンク


真珠腫中耳炎(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .