アレルギー性鼻炎(症状/検査/治療)

アレルギー性鼻炎(花粉症やハウスダストなど) を紹介しています。

アレルギー性鼻炎(症状/検査/治療)

アレルギー性鼻炎とは?

アレルギー性鼻炎は何らかのアレルギーを引き起こす原因によって、くしゃみ、鼻水、目のかゆみといった症状があらわれます。

このアレルギー性鼻炎を引き起こす原因には、花粉、ハウスダスト(ほこり、ふけ、ダニ、カビなど)や食物などがあり、子供の場合はハウスダストによるアレルギーが多いです。

そして花粉が原因となる花粉症ではある季節に起こる季節性アレルギーに分類され、ハウスダストによるアレルギー性鼻炎は季節に関係なく起こる通年性アレルギー性鼻炎に分類されます。

スポンサードリンク

アレルギー性鼻炎の症状

代表的な症状は鼻のムズムズ感、くしゃみ、鼻水、鼻ずまり、目のかゆみ、頭痛、嗅覚障害、流涙などがあります。

アレルギー性鼻炎の検査

好酸球検査、皮膚テスト、鼻誘発テスト、IgE抗体など。

アレルギー性鼻炎の診断ではまず、問診でどのような状況で症状が見られたかを問診し、鼻粘膜の色を調べます。

そして、アレルゲン(アレルギー反応で作られた抗体)の特定に、好酸球検査、皮膚テスト、鼻誘発テスト、IgE抗体を実施します。
好酸球検査とはアレルギー性鼻炎で大量に見られる白血球の好酸球について鼻水で検査します。

アレルギー性鼻炎の治療

アレルギー性鼻炎の治療には減感作療法、手術療法、対症療法などがあります。

減感作療法とは患者さんのアレルギーの原因となったアレルゲンを少量注射して、体を徐々に慣らしていく方法です(特異的減感作療法)。
この治療は長期間かかりますが、子供から大人まで適用できます。

アレルギー性鼻炎の手術では、主に鼻づまり治療が目的で行われます。
対症療法では、抗アレルギー薬、アドレナリン系剤、副腎皮質ホルモン薬などを用いた点鼻療法や、内服療法があります。

スポンサードリンク


アレルギー性鼻炎(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .