前庭神経炎(症状/検査/治療)

前庭神経炎 を紹介しています。

前庭神経炎(症状/検査/治療)

前庭神経炎とは?

前庭神経炎とは耳の前庭神経に障害が起きる病気のことです。
風邪を引いた後などに見られることが多く、ウイルス感染が原因であると考えられています。

スポンサードリンク

前庭神経炎の症状

前庭神経炎の症状では突然起こるめまいが起きて、歩くときにふらふらします。

この症状は長時間(数日〜数ヶ月)継続しますが、繰り返すことはありません。
その他の症状には吐き気、嘔吐、冷や汗などがみられることがあります。
なお、前庭神経炎では聴力障害(難聴や耳鳴りなど)は伴ないません。

前庭神経炎の検査

前庭神経を直接調べる検査は無いため、様々な検査を行って他の病気でないことを確認し、最終的に前庭神経炎であることを診断していきます。そのために聴力検査、聴性脳幹反応(ABR)、頭部(内耳道)MRIなどを実施します。

なお、温度眼振検査で耳の温度反応の低下や、反応の消失がみられます。めまいがあるときは、方向が固定された水平性眼振を認めます。

前庭神経炎の治療

一般的に入院して薬物療法とリハビリテーションで治療します。薬物療法では抗めまい剤・循環改善剤・抗不安剤などを使うことが多いです。

スポンサードリンク


前庭神経炎(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .