聴神経腫瘍(症状/検査/治療)

聴神経腫瘍 を紹介しています。

聴神経腫瘍(症状/検査/治療)

聴神経腫瘍とは?

聴神経腫瘍とは内耳道内にある聴神経(前庭神経)できる良性の腫瘍のことです。聴神経腫瘍は片側に発生することが多く、男性よりも女性の方が多いといわれています。

スポンサードリンク

聴神経腫瘍の症状

難聴、耳鳴り、めまい、顔面神経麻痺、味覚異常、頭痛、吐き気など。

初期では腫瘍のある側の耳に、耳鳴りと難聴、めまいなどが徐々に起こります。
腫瘍が大きくなっていくと、腫瘍が脳幹を圧迫して頭痛や吐き気などの脳腫瘍の症状がみられるようになります。

聴神経腫瘍の検査

X線検査、聴力検査、平衡機能検査、脳波検査、MRIなど。

聴神経腫瘍では、腫瘍が大きくなるために早期の診断と治療が必要です。
そのため、耳鳴りや難聴が片耳で続く場合は一度検査を受けることが大切です。

聴神経腫瘍の治療

聴神経腫瘍の治療は、一般的に手術で腫瘍を摘出します。
その他にはγナイフと呼ばれる放射線治療もあります。

スポンサードリンク


聴神経腫瘍(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .