慢性副鼻腔炎(症状/検査/治療)

慢性副鼻腔炎(蓄膿症) を紹介しています。

慢性副鼻腔炎(症状/検査/治療)

慢性副鼻腔炎とは?

慢性副鼻腔炎は蓄膿症とも呼ばれ、副鼻腔の炎症が慢性化して膿がたまった状態のことをいいます。慢性副鼻腔炎では急性副鼻腔炎から移行する場合や遺伝、細菌感染、アレルギー、鼻の形状などから引き起こる場合があります。

スポンサードリンク

慢性副鼻腔炎の症状

慢性副鼻腔炎の症状では、鼻づまり、鼻水が主な症状で、鼻水による集中力低下や気管支への細菌感染で、気管支炎を引き起こす可能性があります。また鼻づまりによる嗅覚障害を引き起こします。

慢性副鼻腔炎の検査

副鼻腔X線検査、副鼻腔CT検査、鼻咽腔ファイバー、鼻内細菌学的検査など。
副咽腔ファイバーでは、副鼻腔に膿が存在するか確認し、粘膜の状態も調べます。

慢性副鼻腔炎の治療

治療には薬物療法と手術による治療があります。
薬物療法では、血管収縮薬、抗生物質、副腎皮質ホルモン薬、タンパク分解酵素薬などがあります。

血管収縮薬ではスプレーによって、副鼻腔内の粘液を排出しやすくします。抗生物質や副腎皮質ホルモン薬では炎症を抑える働きを持ちます。

一方で手術療法では、自然に排出されない場合などに行われます。
ただ、子供の場合は手術により歯や顔の形に影響を与える可能性がありますので、注意が必要です。
手術では、副鼻腔の粘膜を除去して、副鼻腔と鼻腔の空間を開放します。

スポンサードリンク


慢性副鼻腔炎(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .