鼻中隔彎曲症(症状/治療)

鼻中隔彎曲症 を紹介しています。

鼻中隔彎曲症(症状/治療)

鼻中隔彎曲症とは?

鼻中隔が曲がっていることによる症状が現われたとき、鼻中隔彎曲症といいます。

鼻中隔とは鼻腔を左右に隔てる壁の役割をしているもので、薄い軟骨と骨からできています。

鼻中隔が曲がっていることは成人の約9割が曲がっていますので、曲がっていること自体は問題ありません。そのため、症状が現われる場合のみ、鼻中隔彎曲症と呼ばれます。

スポンサードリンク

鼻中隔彎曲症の症状

主な症状は鼻づまりや頭痛です。

また鼻中隔の彎曲によって慢性鼻炎や副鼻腔炎を引き起こす原因となることもあります。 なお、鼻中隔の彎曲は青年になってから目立つようになります。

彎曲の状態を調べる場合は、窓ガラスに鼻息を当てて、窓ガラスの曇りに違いが見られるかで調べることができます。

鼻中隔彎曲症の治療

鼻中隔による彎曲が原因でなんらかの障害が起きる場合は、手術によって治療を行います。

手術では、曲がった部分の軟骨や骨だけを切り取る手術や、摘出した軟骨や骨を平らにして挿入する手術などが行われます。物理的な障害が原因ですので、治療後は鼻づまりが必ず治ります。

スポンサードリンク


鼻中隔彎曲症(症状/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .