急性中耳炎(症状/検査/治療)

急性中耳炎 を紹介しています。

急性中耳炎(症状/検査/治療)

急性中耳炎とは?

急性中耳炎とは、細菌やウイルスが中耳に感染して炎症が起こった状態をいいます。

中耳に感染する細菌やウイルスには、風邪や喉の炎症を引き起こす細菌やウイルスによるものが一般的です。 急性中耳炎は特に免疫力の弱い乳幼児がかかりやすく、早めに発見することが大切です。

スポンサードリンク

急性中耳炎の症状

耳の奥の痛み、かゆみ、耳鳴り、耳の閉塞感を引き起こし、症状が進行していくと難聴があらわれます。

乳幼児の場合は、耳に手を当てて泣いたり、食欲が内、耳をこすりつけるなどの仕草を行います。 中耳炎の炎症が強いと、中耳に膿がたまって激しい痛みを感じ、鼓膜に穴が開くこともあります。
さらに髄膜炎を合併し、ひきつけ、嘔吐などを起こす可能性もあります。

急性中耳炎の検査

聴力検査、ティンパノメトリー、一般細菌検査など、X線検査など。

ティンパノメトリーとは、耳から探査音を出して音圧に対して鼓膜の状態を調べます。細菌検査では原因となる細菌やウイルスを特定するために行われます。

急性中耳炎の治療

軽度の中耳炎の場合は、鼻や喉の治療を行いながら、抗生物質による薬物療法で治療します。痛みに対しては鎮痛剤を使用します。

中耳に膿がたまって症状がひどい場合は、鼓膜に小さい穴を開けて膿を取り出します。穴が開いた鼓膜は炎症が治まる頃にはふさがります。

スポンサードリンク


急性中耳炎(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .