慢性穿孔性中耳炎(症状/検査/治療)

慢性穿孔性中耳炎(慢性化膿性中耳炎) を紹介しています。

慢性穿孔性中耳炎(症状/検査/治療)

慢性穿孔性中耳炎とは?

慢性穿孔性中耳炎(慢性化膿性中耳炎)とは中耳粘膜の炎症と鼓膜に孔が開いた状態が慢性化した症状をいいます。

慢性穿孔性中耳炎では急性中耳炎から移行することが多いです。
薬物体性の強い細菌による中耳炎や鼻や咽頭の慢性的な炎症などがある場合は、急性中耳炎から慢性穿孔性中耳炎に移行しやすくなります。

スポンサードリンク

慢性穿孔性中耳炎の症状

耳だれ、難聴、耳鳴りなど。

難聴の程度は鼓膜の穿孔の大きさや耳小骨への影響によって異なってきます。
中耳炎の炎症が内耳に及ぶとさらに難聴の度合いが強くなります。
耳鳴りに関しては"ザーザー"といったの低音の耳鳴りがします。

慢性穿孔性中耳炎の診断・検査

鼓膜所見、聴力検査、X線写真、CT検査、パッチテストなど。

まず鼓膜の孔の大きさや位置、そして他の病気の可能性を調べます。
X線検査やCT検査では炎症の程度や周辺の骨部の状態を確認します。

聴力検査では、伝音系の障害や内耳の障害の有無を確認します。
パッチテストでは穿孔部に油紙などを貼り、貼る前と貼った後の聴力の差から耳小骨の状態を調べます。

慢性穿孔性中耳炎の治療

薬物療法と手術療法などがあります。

耳だれがある場合は、原因となる細菌を調べて抗生物質によって耳だれを治療します。
しかし、それでも効果が期待できない場合は、唯一の根本治療である手術療法を実施します。

手術では、炎症部分を除去し、鼓膜を修復したり人工耳小骨などを取り入れる鼓室形成術を行います。

スポンサードリンク


慢性穿孔性中耳炎(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .