騒音性難聴・職業性難聴(症状/検査/治療)

騒音性難聴・職業性難聴 を紹介しています。

騒音性難聴・職業性難聴(症状/検査/治療)

騒音性難聴・職業性難聴とは?

職業性難聴・騒音性難聴では大音量の環境によって、しだいに耳の聞こえが悪くなっていく難聴です。
具体的には90ホン以上の騒音により、内耳神経に障害を受けて難聴となります。これは内耳神経に障害が起きることで生じることが原因です。

騒音性難聴の中でも騒音が激しい職場で難聴となった場合は職業性難聴といいます。

スポンサードリンク

騒音性難聴・職業性難聴の症状

騒音性難聴の特徴は高音から聞こえづらくなります。
めまいを伴うことはありません。

大きな音を聞いたときは耳が「キーン」となります。
このような場合は一時的に難聴となり、数日で回復します。
しかし騒音の激しい職場で徐々に難聴となる職業性難聴の場合は、一度なると回復が困難です。

難聴の検査

耳鏡検査、聴力検査、鼓膜の動きを調べる検査、X線検査、CT検査、MRIなど。
耳鏡検査では鼓膜の状態(鼓膜に孔が開いていないか)を調べます。

騒音性難聴・職業性難聴の治療

薬物療法など。
薬物療法では血流改善剤やビタミン剤を使用することが多いです。
そして大きな音の環境を避けて、安静にすることが大切です

スポンサードリンク


騒音性難聴・職業性難聴(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .