ウイルス性内耳炎(症状/治療・予防)

ウイルス性内耳炎 を紹介しています。

ウイルス性内耳炎(症状/治療・予防)

ウイルス性内耳炎とは?

ウイルス性内耳炎とはウイルス感染によって内耳に炎症が起きる病気で、大人よりも子供の方がかかりやすい病気です。
おたふく風邪、はしか、帯状疱疹、インフルエンザ、風疹などのウイルス感染症を発症し、それが内耳へと移行することで炎症を引き起こします。

スポンサードリンク

ウイルス性内耳炎の症状

難聴、めまい、耳鳴りなどがあらわれます。
難聴は両耳の場合や片耳の場合もあります。感音難聴を引き起こすと治りにくいので、早期発見が大切です。

1.おたふく風邪(流行性耳下腺炎)による内耳炎
発症してすぐに難聴になることがあります。この難聴は片耳によるものが多いです。

2.はしかによる内耳炎
はしかによる内耳炎で難聴を引き起こした場合は、両耳に対して重度の難聴となります。

3.帯状疱疹による内耳炎
帯状疱疹による内耳炎による難聴の状態は軽度のものから重度のものまで様々です。一般的に片耳にあらわれます。

ウイルス性内耳炎の治療・予防

回復に有効な治療法は特にありませんので、予防接種による感染症予防が大切です。

スポンサードリンク


ウイルス性内耳炎(症状/治療・予防)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .