咽頭炎(症状/治療)

咽頭炎 を紹介しています。

咽頭炎(症状/治療)

咽頭炎とは?

喉頭炎は喉頭の粘膜に炎症が起こった状態をいいます。
喉頭は気管と食道の境目にあり、発声、呼吸、気道への飲食物の侵入を防ぐ働きをします。

咽頭炎には急性咽頭炎と慢性咽頭炎があります。 急性咽頭炎の場合は主に風邪の細菌やウイルスが原因ですが、慢性咽頭炎では急性咽頭炎を何度も繰り返すことが原因となったり、タバコの吸いすぎが原因となることもあります。

スポンサードリンク

咽頭炎の症状

咽頭炎となると喉が赤く腫れて痛み、発熱、咳、声がれ、かゆみなどの症状がみられます。最初は喉のいがいがした感じを覚え、症状が進行してくと発熱や倦怠感、咳、たんといった症状があらわれます。
腔に細菌が感染すると鼻水が黄色くなります。

咽頭炎の治療

基本的には刺激のある食べ物は控えて安静にします。
抗生物質は細菌感染による咽頭炎に使用しますが、ウイルス感染の場合は効果がないため使用しません。その他症状にあわせた対症療法が行われます。

スポンサードリンク


咽頭炎(症状/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .