喉頭炎(症状/検査/治療)

喉頭炎 を紹介しています。

喉頭炎(症状/検査/治療)

喉頭炎とは?

喉頭炎は喉頭の粘膜に炎症が起こった状態をいいます。

喉頭は気管と食道の境目にあり、発声、呼吸、気道への飲食物の侵入を防ぐ働きをします。赤ちゃんの喉頭炎ではウイルス感染によるものが多く、3歳以降の子供の場合はインフルエンザによる感染が多いです。

また、風邪などのウイルス感染のほかにも刺激性ガスを吸い込んだり、声の使いすぎで喉頭炎となることがあります。

スポンサードリンク

喉頭炎の症状

喉頭炎となると喉が赤く腫れて痛み、発熱、咳、声がれ、かゆみなどの症状がみられます。
特に子供の急性喉頭炎では、粘膜が強く腫れて呼吸困難を生じることがあります。この症状をクループ症状といいます。

喉頭炎の検査

頸部X線撮影、血液検査、頸部CT、喉頭ファイバースコープなど。
喉頭部は直接見ることができないので、鏡を使ったり喉頭ファイバースコープなどを用いて、喉頭部の腫れの有無を確認します。

喉頭炎の治療

風邪によって起きた喉頭炎では、風邪の治療と声を出さないように安静にします。また、喉頭炎の症状を抑える吸入療法などを行います。

強い呼吸困難、声が出ない、唇が紫色になるチアノーゼ、喉の激しい痛みなどがあらわれた場合、早急に病院で見てもらう必要があります。

スポンサードリンク


喉頭炎(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .