声帯麻痺(症状/検査/治療)

声帯麻痺 を紹介しています。

声帯麻痺(症状/検査/治療)

声帯麻痺とは?

声帯麻痺とは、声を出す筋肉の収縮をつかさどる反回神経が麻痺する病気で、声帯がうまく働かなくなります。

脳、首、食道、気管、甲状腺の病気、がんなどが原因で声帯麻痺になることが多いです。風邪を引いた後に見られる声帯麻痺は主にウイルス感染が原因です。

スポンサードリンク

声帯麻痺の症状

しゃがれ声、呼吸困難、嚥下障害など。

主な症状はしゃがれ声で、息が漏れるような声が特徴的です。
片側の声帯が麻痺している場合は誤嚥を起こしやすくなります。
両側の声帯が麻痺している場合で、声帯が閉じたままになると呼吸困難に陥ります。

声帯麻痺の検査

咽頭鏡による観察、X線検査、CT検査、MRI、食道造影検査など。

声帯麻痺は咽頭鏡で観察すると、声帯の麻痺が確認できます。
そして、原因を特定するために、必要に応じた検査が行われます。

声帯麻痺の治療

両側の声帯麻痺で呼吸困難に陥っている場合は、気管切開などの救命処置が実施されます。主に、原因となる病気の治療から優先します。

片側麻痺の治療には声帯を内転させる手術などがあり、両側麻痺の治療には、声帯を外転させる治療や一部をレーザーで除去する手術などがあります。

スポンサードリンク


声帯麻痺(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .