食道アカラシア(症状/検査/治療)

食道アカラシア を紹介しています。

食道アカラシア(症状/検査/治療)

食道アカラシアとは?

食道アカラシアとは食道の筋肉が緊張して、食道のぜん動運動ができない病気です。

食道アカラシアは食道のぜん動運動を行う平滑筋と、下部食道括約筋に障害が起きていますが、なぜそのような障害が起きているのかは明らかになっていません。なお、20代〜40代の人によくみられます。

スポンサードリンク

食道アカラシアの症状

嚥下障害、嚥下困難、胸痛など。

嚥下障害や嚥下困難は、食べ物を飲み込むときに、胸がつかえる感じを覚えます。水を飲むのも困難であることが多いですが、その程度には個人差があります。
その他には胸部の痛みや圧迫感といった症状もみられることもあります。

食道アカラシアの検査

食道X線検査、食道内圧検査、内視鏡検査など。
食道アカラシアの検査は主に食道X線検査でだいたいの見当がつきます。
食道の運動機能を調べるときには食道内圧検査を実施し、がんの有無を調べるときに内視鏡検査を行います。

食道アカラシアの治療

薬物療法では、一時的に噴門の緊張を和らげる治療薬の使用や、噴門をバルーンで拡張する治療法などを用いることが多いです。

ストレスで食道の緊張が高まりますので、普段の生活ではストレスを避けてゆっくりと食べることが大切です。

スポンサードリンク


食道アカラシア(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .