声帯ポリープ(症状/検査/治療・手術)

声帯ポリープ を紹介しています。

声帯ポリープ(症状/検査/治療・手術)

声帯ポリープとは?

声帯ポリープは声帯に直径2,3ミリの半球状の腫瘤ができます。
主に声の出しすぎによる声帯粘膜に炎症が原因で、ポリープが形成されます。
子供の場合は遊んでいるときの大声の出しすぎですが、大人の場合は歌手、教師、セールスマンなどの職業上で生じることが多いです。

スポンサードリンク

声帯ポリープの症状

声枯れが主な症状です。
声枯れは、声帯にできたポリープによって、声帯の振動が不規則になったり、息漏れが生じることで起こります。

声帯ポリープの検査

内視鏡、ストロボスコープによる検査など。
内視鏡では声帯の状態を観察することができ、診断が容易です。
ストロボスコープは声帯の振動を測定する装置で、振動の状態を確認することができます。

声帯ポリープの治療法

薬物療法、沈黙療法、手術療法など。

薬物療法では消炎酵素剤などの使用で改善されますが、根本的な治療方法ではありません。多くの場合、完治するには手術が必要で、ポリープの切除を行います。

声帯ポリープの手術には全身麻酔をした後、顕微鏡を使いながら切除します。約1週間程度の入院が必要で、手術後は声のリハビリを行ってから通常の声を出すようにします。

沈黙療法とは保存療法の一種で、声を出さない治療法です。声帯ポリープの症状が軽度の場合は改善することがあります。

スポンサードリンク


声帯ポリープ(症状/検査/治療・手術)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .