前立腺肥大症(症状/検査/治療)

前立腺肥大症 を紹介しています。

前立腺肥大症(症状/検査/治療)

前立腺肥大症とは?

前立腺肥大症とは、前立腺が肥大する病気です。
前立腺が肥大する原因としては加齢、食生活、頻繁な性活動、下半身の血行不良などがあります。特に『加齢』という原因は避けて通れませんので、前立腺肥大症は男性にとって誰の身にも起こる可能性があります。

スポンサードリンク

前立腺肥大症の症状

前立腺肥大症の初期症状には、トイレに行く回数が多くなるというのが一つとしてあげられます。2時間以内にすぐにトイレに行きたくなるというのが、目安です。 その他にも『尿を我慢できない』『排尿の出が悪くなった』『残尿感』『排尿の切れが悪い』などの排尿に関する症状が、前立腺肥大症の初期症状として見られます。

症状が進行すると尿漏れや尿閉といった症状がみられます。残尿量も増えて尿が腎臓にたまり腎不全を引き起こす可能性もありますので、直ちに治療が必要となります。

前立腺肥大症の検査

超音波検査、直腸内指診、血液検査、尿検査、生検査、骨シンチグラフィーなど。

直腸内指診は肛門から直腸に指を入れ、前立腺に触れることで診断する簡単で大切な検査です。前立腺の検査では直腸内指診+その他の検査で行われるのが一般的です。

前立腺肥大症の治療

前立腺肥大症の治療方法は主に薬物療法、物理療法、手術療法の3つあります。

薬物療法は、症状が軽い患者さんに対して行われます。
物理療法とは高周波やマイクロ波などを用いた方法で、出血などがほとんど見られないため、患者さんにとっては負担が軽い治療法となっています。
最後の手術療法は、患者さんにとって最も負担が大きい治療法ですが、即効性はあります。

スポンサードリンク


前立腺肥大症(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .