更年期障害(症状/検査/治療)

更年期障害 を紹介しています。

更年期障害(症状/検査/治療)

更年期障害とは?

更年期障害とは閉経周辺期(更年期)にみられる自律神経系の失調症状をのことをいいます。

閉経周辺期は45歳〜55歳で、この時期に卵巣機能の低下・停止が起こるとエストロゲンの分泌が減少または欠落が起こります。
エストロゲン(エストラジオール)が減少すると更年期障害の特徴的な症状ホットフラッシュが起こるといわれています。

スポンサードリンク

更年期障害の症状

更年期障害の症状にはホットフラッシュが典型的です。

ホットフラッシュとは顔面紅潮から始まって、頸部や胸部の熱感や発汗などがみられます。その他にはのぼせ、イライラ、肩こり、不眠、抑うつ症状、脱力感、動悸などがみられます。
更年期障害には個人差があり、半数以上の女性に起こります。

更年期障害の検査

更年期障害の検査では、血中ホルモンのエストラジオール、卵胞刺激ホルモン(FSH)、黄体化ホルモン(LH)などを検査し、卵巣機能の低下や閉経後であることを確認します。
また、基礎体温で排卵の有無を検査します。

更年期障害の治療

更年期障害の症状には個人差があるため、治療しなくても乗り切ることができる人もいます。検査によって閉経後であることを確認した場合は、ホルモン補充療法による治療が行われます。

血中のホルモンが正常で排卵がない場合は、ホルモン補充療法によるプロゲステロン(黄体ホルモン)が使用されます。

その他の薬物療法には、精神安定剤、睡眠導入剤、自律神経調整剤、漢方製剤などが必要に応じて用いられます。

スポンサードリンク


更年期障害(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .