妊娠高血圧症候群(症状/検査/治療)

妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群) を紹介しています。

妊娠高血圧症候群(症状/検査/治療)

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)とは?

妊娠高血圧症候群とは妊娠中毒症とも呼ばれ、妊娠による高血圧、または高血圧に伴うタンパク尿やむくみがみられる状態のことをいいます。
妊娠高血圧症候群は妊婦の約1割にみられ、妊婦死亡の原因の上位に位置しますので、妊婦にとっては最も怖い病気です。

スポンサードリンク

妊娠高血圧症候群の症状

妊娠高血圧症候群は、妊婦の死亡率が高く、流早産や低出産体重児の出生率が高いです。
妊婦の症状としては体重増加、むくみ、高血圧による頭痛、目がチカチカする、などがあります。高血圧が悪化すると、妊婦の脳出血が起きやすくなります。

妊娠高血圧症候群の診断

検査で高血圧を確認した時に妊娠高血圧症候群であると診断されます。
またタンパク尿やむくみもみられることがあります。

高血圧については、軽症が収縮期140mmHg〜160mmHg、拡張期90mmHg〜110mmHgで、重症が収縮期160mmHg以上、拡張期110mmHg以上です。

タンパク尿に関しては、軽症は尿中タンパク質量30mg/dl〜200mg/dlが2回以上みられる場合で、重症は200mg/dl以上が2回以上みられる場合のことをいいます。

妊娠高血圧症候群の治療

基本的には薬物療法は行いません。
治療には食事療法が基本で減塩、低カロリー、高タンパクの食事を主体にします。そして安静にして過ごします。

妊娠高血圧症候群の予防には妊娠中は安静にして睡眠不足や過労は避けるようにします。
食事は塩分を控えてタンパク質や栄養をバランスよく摂取することが大切です。

スポンサードリンク


妊娠高血圧症候群(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .