卵巣嚢腫(症状/検査/治療)

卵巣嚢腫 を紹介しています。

卵巣嚢腫(症状/検査/治療)

卵巣嚢腫とは?

卵巣嚢腫とは嚢胞性腫瘍が卵巣にできる病気で、良性の場合がほとんどですが悪性の場合もあります。

嚢胞性の腫瘍は30代〜40代に発生しやすく、水溶性やゼリー状の腫瘍です。
卵巣嚢腫がある状態で激しい運動や体位をかえた時に、茎捻転(ねじれ)を起こすことがあります。
茎捻転となると症状がひどく悪化しますので、緊急手術が必要となります。

スポンサードリンク

卵巣嚢腫の症状

卵巣脳腫の初期は無症状ですが、腫瘍が大きくなると下腹部の違和感やしこり、下腹部痛みがあらわれます。

卵巣脳腫で怖いのが茎捻転と呼ばれる卵巣脳腫のねじれや卵巣脳腫の破裂、感染です。このような状態になると、下腹部の激しい痛み、悪心、嘔吐、発熱などの症状があらわれます。

卵巣嚢腫の検査・診断

超音波検査、CTスキャン、MRI、卵巣腫瘍マーカーなど。

卵巣嚢腫の検査では、まず腹部の触診や内診を行って、卵巣腫瘍の疑いがあるか調べ、超音波検査などの画像診断で主要の特徴を判断します。

卵巣腫瘍マーカーでは血液中に卵巣がんで生じる物質が存在するかどうかを調べ、腫瘍の特徴を確認します。

卵巣嚢腫の治療

卵巣嚢腫の治療は基本的に手術を行います。

特に嚢腫が7cm以上の場合は手術が必要となります。
手術には、嚢腫だけを摘出する手術、卵巣ごと摘出する手術、卵巣と卵管も摘出する手術があります。

両側の卵巣の摘出に関しては、閉経前の女性の場合は卵巣機能欠落症を引き起こす可能性がありますので十分注意する必要があります。なお、卵巣機能欠落症では肩こり、のぼせ、発汗などの症状がみられます。

スポンサードリンク


卵巣嚢腫(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .