子宮付属器炎(症状/検査/治療)

子宮付属器炎 を紹介しています。

子宮付属器炎(症状/検査/治療)

子宮付属器炎とは?

子宮付属器炎とは卵管や卵巣に炎症が起きる病気です。
卵管は骨盤内の臓器のなかでも炎症がおきやすく、主に細菌感染が原因です。原因菌にはブドウ球菌、連鎖球菌、大腸菌、クラミジア、マイコプラズマ、淋菌、嫌気性球菌などがあります。

卵巣炎は卵管炎の炎症が卵巣に拡大することで起こります。

スポンサードリンク

子宮付属器炎の症状

発熱、下腹部の痛み、腰痛、膿状のおりもの、発熱など。
子宮気付属器炎の症状は急性期が最も強く、発熱が起こります。
慢性期になると、鈍い下腹部の痛み、月経痛などがみられます。
卵管の癒着や閉塞をおこした場合は、不妊症や子宮外妊娠の原因になってしまいます。

子宮付属器炎の検査

超音波検査などの腹部の診察、内診。

子宮付属器炎の治療法

薬物療法、手術療法

子宮付属器炎の治療はまず薬物療法を実施します。
薬物療法では子宮付属器炎の感染菌に対する抗生物質や炎症を抑える消炎薬を使用します。
この治療法でも症状が改善しない場合は膿腫や卵巣を摘出する手術を実施します。

スポンサードリンク


子宮付属器炎(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .