子宮内膜症(症状/検査/治療)

子宮内膜症 を紹介しています。

子宮内膜症(症状/検査/治療)

子宮内膜症とは?

子宮内膜症とは、子宮の内膜組織が子宮内面と異なるところに発生する病気です。

子宮内膜症には内性内膜症(子宮腺筋症)と外性内膜症に分類されます。内性内膜症は子宮体の筋層部に内膜組織が発生している状態で、外性内膜症は子宮の周囲や子宮外に内膜組織が発生している状態です。
子宮内膜症の原因についてはいまだはっきりとしていませんが、女性ホルモン(エストロゲン)によって病状が促進されると言われています。

スポンサードリンク

子宮内膜症の症状

月経痛、下腹部の痛み、腰痛、性交痛、排便痛など。
主な症状は強い月経痛で、半数以上の患者さんが下腹部の痛みや腰痛を訴えます。
子宮内膜症の発生部位が卵管や卵巣の場合は、卵管の狭窄や閉鎖によって不妊症になることがあります。また卵巣部の内膜症から卵巣が腫大、破裂することで下腹部痛、吐き気、嘔吐、発熱を引き起こすことがあります。

子宮内膜症の検査

内診、直腸診、CT検査、MRI、血中腫瘍マーカー、腹腔鏡検査など。
自覚症状をもんしんしてから、痛みを伴うしこりや卵巣の腫大、子宮後屈の有無を調べていきます。

子宮内膜症の治療

薬物療法、手術療法など。

薬物療法ではホルモン療法が適用され、内膜の増殖抑制や、妊娠能力の向上、その他症状の改善を図ります。

手術療法には根治手術、準根治手術、保存手術といったものがあります。
根治手術では重症患者が対象となり、子宮と卵管、卵巣を摘出する手術です。そのため、子供を産めなります。
準根治手術では子宮の摘出しますが、正常な部分の卵巣は残す手術です。卵巣を残すことによって卵巣機能欠落症状(のぼせ、発汗、肩こりなど)を防ぎます。
保存手術では病巣部の摘出や癒着の剥離、矯正などをおこなって、妊娠能力を残すことができる手術です。

スポンサードリンク


子宮内膜症(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .