子宮筋腫(症状/検査/治療)

子宮筋腫 を紹介しています。

子宮筋腫(症状/検査/治療)

子宮筋腫とは?

子宮筋腫とは子宮の筋肉にできる腫瘍のことです。

腫瘍は球状の良性腫瘍で、発生部位や方向によって筋層内筋腫、漿膜下筋腫、粘膜下筋腫といった呼び方をします。
女性ホルモンの分泌が多い30代〜50代の女性に筋腫の発生が多くみられます。

スポンサードリンク

子宮筋腫の症状

月経異常、不正出血、腰痛、頻尿、排尿困難、便秘など。

主な症状は月経異常と不正出血ですが、筋腫発生部位によって症状のあらわれ方が異なってきます。
月経異常では月経の遅延、月経痛、頻発月経などがおこります。

子宮筋腫の検査

子宮卵管造影、子宮鏡検査など。
主な検査は上記の検査ですが、月経時以外で不正出血を伴う場合は、他の病気(子宮がん、子宮肉腫)の可能性がありますので、生検、超音波検査、CT検査、MRIなどの検査を行うことがあります。

子宮筋腫の治療

筋腫の大きさがこぶし以上の場合は、手術療法や偽閉経療法などを行います。
手術療法では子宮全摘術が一般的ですが、子宮を温存する筋腫核手術もあります。筋腫核手術では子宮を温存できますが、再発や癒着を引き起こすこともあります。

偽閉経療法では薬を使って月経を止めることで筋腫を小さくする治療法です。月経を止める期間は約半年ですが、薬をやめると筋腫が再び大きくなってしまいます。

スポンサードリンク


子宮筋腫(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .