トリコモナス膣炎(症状/検査/治療)

トリコモナス膣炎 を紹介しています。

トリコモナス膣炎(症状/検査/治療)

トリコモナス膣炎とは?

トリコモナス膣炎は性感染症の1つで、トリコモナス原虫に膣が感染することで発症します。
女性の2人に1人は感染するといわれる頻度の高い感染症で、主に性行為から感染します。まれにぬれタオルやトイレのシートなどから感染することがあります。

トリコモナス膣炎などの性病情報が詳しいサイト


性病の総合情報サイト「STD研究所」 はトリコモナス膣炎などの性病の知識や情報を詳しくご紹介されているサイトです。

サイトが読みやすく、気になる症状が詳しくわかります。


ここのサイトでは自宅で性病の検査が出来る「STDチェッカー」という性病検査キットが人気があります。


人気の秘密はSTDチェッカーの「匿名検査」です。
検査結果もインターネットから閲覧できるというのが特徴で、病院に行かなくても簡単に検査ができるということが人気を呼んでいます。


値段も他と比べて比較的安く、「STDチェッカー」の使い方がわかりやすくホームページで解説されているため、初めての方にとって、とても親切です。


詳しい内容は「STD研究所」のホームページをご覧ください。→STD研究所

トリコモナス膣炎の症状

黄緑色で悪臭のある膿性おりものが特徴です。
そのほかの症状には膣、大小陰部のかゆみ、性交痛、膣壁や子宮頸部の赤い腫れ、出血などを伴うことがあります。
なお、男性の場合は感染していても無症状であることが多いです。

トリコモナス膣炎の検査

トリコモナス膣炎の検査では、おりものを顕微鏡で観察してトリコモナス原虫の有無を診断します。

トリコモナス膣炎の治療

薬物療法で治療します。トリコモナス膣炎の薬物療法では抗トリコモナス薬を7日〜10日間服用し、再発を防ぐためにも配偶者も抗トリコモナス薬を服用することが大切です。

そして治療効果を高めるために膣内に座薬を使用することがあります。なお、家族内感染を防ぐためにも完全に治るまでは下着の洗濯を別にすることが大切です。


トリコモナス膣炎(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .