非特異性膣炎(症状/検査/治療)

非特異性膣炎 を紹介しています。

非特異性膣炎(症状/検査/治療)

非特異性膣炎とは?

非特異性膣炎は検査で病原微生物(トリコモナス、淋菌、カンジタなど)の存在が認められない、原因不明の膣炎です。
非特異性膣炎は、女性ホルモンの異常、膣の自浄作用の低下などが原因で、細菌が増殖して炎症を起こすと考えられています。

この膣炎は性病かな?と思ったら。


性病の総合情報サイト「STD研究所」 は性病の知識や情報を詳しくご紹介されているサイトです。読みやすく、気になる症状が詳しくわかります。


ここのサイトでは自宅で性病の検査が出来る「STDチェッカー」という性病検査キットが人気があります。


人気の秘密はSTDチェッカーの「匿名検査」です。
検査結果もインターネットから閲覧できるというのが特徴で、病院に行かなくても簡単に検査ができるということが人気を呼んでいます。


値段も他と比べて比較的安く、「STDチェッカー」の使い方がわかりやすくホームページで解説されているため、初めての方にとって、とても親切です。


詳しい内容は「STD研究所」のホームページをご覧ください。→STD研究所

非特異性膣炎の症状

白色のおりもの、または黄色のおりものが多くなります。
そのほかの症状には排尿痛や下腹部の痛み、まれに血液がおりものに混じることがあります。

非特異性膣炎の検査

非特異性膣炎の検査では、おりものを顕微鏡で観察して診断します。
非特異性膣炎の場合はおりものに病原微生物の存在が確認できず、白血球の増加や炎症がみられます。

非特異性膣炎の治療

細菌が増殖している場合は抗生物質の膣座薬を、女性ホルモンが低下している場合はエストリオール膣錠を使用します。
治療期間は1週間〜2週間です。再発予防のために健康状態に注意して清潔な状態を保つことが大切です。


非特異性膣炎(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .