萎縮性膣炎(症状/検査/治療)

萎縮性膣炎 を紹介しています。

萎縮性膣炎(症状/検査/治療)

萎縮性膣炎とは?

萎縮性膣炎は閉経後や卵巣摘出後の女性ホルモン(エストラジオール)の減少が原因で発症する膣炎です。
女性ホルモンが減少するため、膣粘膜が薄くなって萎縮してしまいます。その結果、傷つきやすくなって出血したり、細菌に感染して炎症を起こしやすくなります。このような状態で起こる炎症を萎縮性膣炎と呼びます。

スポンサードリンク

萎縮性膣炎の症状

黄色っぽいおりものが増加します。
そのほかの症状には、性交痛や性交時の接触出血を引き起こすことがあります。

萎縮性膣炎の検査

おりものを顕微鏡で観察したり、膣鏡で膣粘膜の状態を確認します。
萎縮性膣炎では膣粘膜の萎縮や充血、点状の出血斑がみられます。

萎縮性膣炎の治療

主にホルモン補充療法で治療がおこなわれます。
ホルモン補充療法では、女性ホルモンのエストリオールの内服や膣剤を使用します。また、膣炎が細菌感染を起こしている場合は抗生物質の膣座薬を使用します。

スポンサードリンク


萎縮性膣炎(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .