カンジタ膣炎(症状/検査/治療)

カンジタ膣炎(膣カンジタ症) を紹介しています。

カンジタ膣炎(症状/検査/治療)

カンジタ膣炎とは?

カンジタ膣炎は膣カンジタ症とも呼ばれ、カンジタというカビの一種が膣で増殖して発症します。

カンジタ膣炎は感染するだけでは発症せず、カンジタの増殖に適した環境になると膣内で増殖して炎症を引き起こします。
カンジタが増殖する要因となるのは、抗生物質や経口避妊薬といった薬物の服用、糖尿病、高温多湿になりやすい通気性の低い下着、妊娠などがあります。
またカンジタの増殖は女性ホルモンのエストロゲンとも密接な関係があります。

カンジタの検査が出来るサイト


性病の総合情報サイト「STD研究所」 は性病の知識や情報を詳しくご紹介されているサイトです。読みやすく、気になる症状が詳しくわかります。


ここのサイトでは自宅でカンジタなどの性病の検査が出来る「STDチェッカー」という性病検査キットが人気があります。


人気の秘密はSTDチェッカーの「匿名検査」です。
検査結果もインターネットから閲覧できるというのが特徴で、病院に行かなくても簡単に検査ができるということが人気を呼んでいます。


値段も他と比べて比較的安く、「STDチェッカー」の使い方がわかりやすくホームページで解説されているため、初めての方にとって、とても親切です。


詳しい内容は「STD研究所」のホームページをご覧ください。→STD研究所

カンジタ膣炎の症状

外陰部や周囲のかゆみ、クリーム状の濃いおりものの増加など。
そのほかの症状には疼痛、性交痛などを伴うことがあります。
なお、男性の場合はかゆみや発疹が起こりますが、無症状であることも多いです。

カンジタ膣炎の検査

カンジタ膣炎の検査では、おりものを顕微鏡で観察してカンジタの有無を診断します。

トリコモナス膣炎の治療

抗カンジタ薬の膣座薬や軟膏で治療します。
少なくとも10日間は治療を行い、再発予防に専念します。

カンジタ感染は性交の他、入浴によって家族内で感染することもあります。そのため再発防止には、配偶者も治療を受けることが大切です。


カンジタ膣炎(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .