子宮頸管炎(症状/治療法)

子宮頸管炎 を紹介しています。

子宮頸管炎(症状/治療法)

子宮頸管炎とは?

子宮頸管炎は微生物が子宮頸管に感染して、頸管粘膜に炎症をおこす病気です。

子宮頸管は女性性器の中でも感染を受けやすい部分で、経産婦の約6割以上が子宮頸管炎にかかったことがあるといわれています。
原因となる微生物には、淋菌、連鎖球菌、ブドウ球菌、大腸菌、クラミジアなどがあります。

スポンサードリンク

子宮頸管炎の症状

急性の頸管炎の場合は、膿性のおりものの増加、下腹部痛、腰痛、発熱などの症状がみられます。一方、慢性頸管炎の場合は黄白色のおりものの増加、性交痛、腰痛などがみられます。

特にクラミジアによる頸管炎は自覚症状が少ないため気がつかずに慢性化する可能性があります。
慢性化すると不妊症の原因になる危険性があります。

子宮頸管炎の治療法

急性の頸管炎の場合は、抗生物質の膣錠や消炎薬や抗生物質の内服によって治療を行います。必要に応じて、抗生物質の点滴や鎮痛薬を使用します。

慢性頸管炎の治療は抗生物質と女性ホルモン薬の膣錠を使用しますが、改善がみられない場合は高周波電気凝固法、凍結療法、炭酸ガスレーザー療法などで治療します。

スポンサードリンク


子宮頸管炎(症状/治療法)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .