子宮膣部びらん(症状/検査/治療)

子宮膣部びらん を紹介しています。

子宮膣部びらん(症状/検査/治療)

子宮膣部びらんとは?

子宮膣部びらんとは不正出血の原因となる疾患で、子宮膣部にただれ(びらん)の様なものができる状態をいいます。

新生児や若い女性にみられ、女性ホルモン(エストラジオール)が子宮膣部びらんの発生に関係しています。
エストラジオールの分泌が活発になると子宮頚管の腺細胞が増殖します。細胞の増殖は子宮頚管から子宮口外へと広がって、子宮膣部びらんを生じます。

スポンサードリンク

子宮膣部びらんの症状

黄色または白いおりもの、不正出血などの症状がみられます。

びらん面は細菌に対する抵抗力が弱いために炎症を起こしやすいため、黄色や白色のおりものが発生することがあります。
また、びらん面は血管が多く破れやすいため、性交時の接触出血を起こしやすくなります。

子宮膣部びらんの検査

子宮膣部びらんと子宮頸がんの区別をするために、子宮がんの検査を受けます。

子宮がんの検査には子宮細胞診、コルポスコピー、超音波検査、組織診などがあります。
子宮細胞診では子宮頸部または大部の細胞を採取して、顕微鏡で細胞の異常を調べます。コルポスコピーという検査では子宮内膜を直接観察します。

子宮膣部びらんの治療

びらんがあっても無症状の場合は治療の必要はありません。

子宮膣部びらんによる症状がみられる場合は、びらん組織を壊死させて治療します。壊死させる方法には冷凍、電気凝固、電気焼灼、レーザーなどがあります。

スポンサードリンク


子宮膣部びらん(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .