機能性子宮出血(症状/検査/治療)

機能性子宮出血 を紹介しています。

機能性子宮出血(症状/検査/治療)

機能性子宮出血とは?

機能性子宮出血とは月経以外で発生する不正出血の一つです。

主な原因は女性ホルモン(エストラジオール)の分泌の乱れや分泌不全です。
エストラジオールの分泌が少ないと子宮内膜が薄く、剥離するために出血します。
女性ホルモンの分泌異常を引き起こす要因にはピルの内服、未熟な性機能、性機能の衰え、排卵障害などが挙げられます。

スポンサードリンク

機能性子宮出血の症状

子宮内膜の剥離による出血が主な症状です。
出血にはホルモンが減少することによって起こる消退出血や、過剰なエストラジオールで子宮内膜が異常増殖して起こる破綻出血があります。

機能性子宮出血の検査

膣鏡診、超音波断層法、子宮がんの検査、貧血の検査など。

膣鏡診では出血の部位を子宮膣であることを確認し、出血量も調べます。
超音波断層法では器質性疾患の有無、子宮内膜の厚さ、卵巣の状態などを調べます。
そして必要に応じて子宮がんの検査や貧血の検査などが行われます。

機能性子宮出血の治療

消炎鎮痛薬、排卵誘発薬、経口避妊薬、メドロキシプロゲステロン薬など。br /> 機能性子宮出血の原因や状態に応じて上記の薬を使用します。
薬物療法でも改善がみられない場合は、子宮内膜の表面を引っかくようにして剥離させる子宮内掻爬を行うことがあります。

スポンサードリンク


機能性子宮出血(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .