風疹(症状/検査/治療)

風疹 を紹介しています。

風疹(症状/検査/治療)

風疹とは?

風疹とは風疹ウイルスの飛沫感染で引き起こされ、子供がかかりやすい病気です。

症状が軽く治りもよいですが、特に注意すべき人は妊婦さんです。
妊娠初期の妊婦さんが風疹ウイルスに感染すると、2割〜5割という高頻度で胎児に障害が現れます。この赤ちゃんの障害を先天性風疹と言います。

スポンサードリンク

風疹の症状

風疹の主な症状は、発しんに伴い、発熱、倦怠感、リンパ節の腫れです。

風疹の合併症には関節炎、脳炎、脳症、紫斑病などで6歳未満の子供が特に引き起こしやすくなります。
妊婦さんが風疹に感染して胎児に風疹が感染する先天性風疹症候群の症状では、胎児の眼、耳、心臓などに障害があらられます。

風疹の検査

風疹の確定診断には、血液の抗体価の測定が行われます。
抗体価の測定には急性期と回復期の血清で抗体価が4倍以上に変化していると、風疹であると診断されます。

風疹の予防・治療

風疹の予防接種は1歳を過ぎると受けることができますので集団生活に入る前に済ませておくことが大切です。
また予防接種法により、13歳〜15歳の女子中学生が風疹の予防接種を受けることになっています。

風疹の治療については、対症療法が行われます。
症状が軽いため、合併症がなければ発疹が消失するまで安静にします。

スポンサードリンク


風疹(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .