慢性腎不全(症状/検査/原因/治療)

慢性腎不全 を紹介しています。

慢性腎不全(症状/検査/原因/治療)

慢性腎不全とは?

慢性腎不全とは腎臓が慢性的に機能しない病気です。

慢性とは数ヶ月から数年間を意味します。
慢性腎不全となる主な原因には慢性腎炎や糖尿病です。

腎不全の初期の頃は、自覚症状がほとんどなく夜間頻尿といった症状ですが、だんだんと進行していくと尿毒症があらわれて末期腎不全となります。
ほとんどの場合進行性で完全治癒は難しいです。

スポンサードリンク

慢性腎不全の症状

慢性腎不全では腎機能が低下して、血液中の水分や電解質の量を正常に保てなくなり、尿酸なども排泄できなくなるため様々な症状があらわれます。
初期の頃は夜間尿で、進行すると尿毒症となり貧血、骨粗しょう症、骨軟化症、痛風、痙攣、高血圧、心筋梗塞、心不全などの症状がみられるようになります。

慢性腎不全の原因

慢性腎炎と糖尿病が主な原因ですが、その他に前立腺肥大症、骨盤内腫瘍、慢性糸球体腎炎、尿路感染症などから合併することがあります。

慢性腎不全の検査

血液検査、血清尿素窒素(BUN)、クレアチニン、クレアチニン・クリアランス、電解質など。

クレアチニンは腎臓が正常に働いていると体外に排泄されますが、障害がある場合は血液中のクレアチニンが増加します。
そして腎臓機能をさらに詳しく調べるためにクレアチニン・クリアランスが行われます。

慢性腎不全の治療

完全に治すことが難しいため、いかにして腎不全の進行を抑制するかが大切になってきます。最終的には透析や腎移植が必要になってきます。

主に食事療法と薬物療法の2種類があり、食事療法ではタンパク質、塩分、カリウムの摂取を抑えるようにします。

スポンサードリンク


慢性腎不全(症状/検査/原因/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .