尿毒症(症状/検査/治療)

尿毒症 を紹介しています。

尿毒症(症状/検査/治療)

尿毒症とは?

尿毒症は血液中の腎不全などで腎機能が低下して、排尿により体外へ排出される物質が排出されず蓄積されるために様々な症状を引き起こします。
尿毒症では血液中の水分や電解質濃度、有害代謝物などが蓄積します。

スポンサードリンク

尿毒症の症状

疲労感、無気力、食欲不振、嘔吐、頭痛、意識障害、痙攣、吐血、下血、口臭、血圧異常、不整脈、心不全、呼吸困難、肺炎、貧血、出血、紫斑など。
重症となると幻覚や昏睡を引き起こす危険性があります。

尿毒症の検査

血液検査で血清クレアチニンやクレアチニン・クリアランス、出血時間、尿酸などの検査項目を確認します。各検査項目の基準値は以下の通りです。

1.クレアチニン…男性:0.6〜1.0mg/dl、女性:0.4〜0.8mg/dl
2.クレアチニン・クリアランス…70〜130ml/分
3.出血時間…2〜5分
4.尿酸…男性:3〜7mg/dl、女性:2〜6mg/dl

尿毒症の治療

尿毒症の治療の一つに透析療法があります。
透析療法では、臨床症状、腎機能、日常生活での障害度を考えて透析を導入します。食事療法ではタンパク質や食塩を控えます。

スポンサードリンク


尿毒症(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .