慢性腎炎(症状/検査/治療)

慢性腎炎 を紹介しています。

慢性腎炎(症状/検査/治療)

慢性腎炎とは?

慢性腎炎は腎臓の炎症性の病気で、長期間にわたり蛋白尿や血尿の症状がみられる状態をいいます。慢性腎炎を起こす疾患は様々ですが、免疫反応の異常によって起こるといわれています。具体的には免疫反応で作られた抗体が抗原と反応し、その物質が糸球体で沈着することが炎症の原因とされています。

スポンサードリンク

慢性腎炎の症状

病型は様々で、自覚症状がないもの、高血圧を伴うもの、ネフローゼ症候群がみられるもの、腎不全に陥って尿毒症になるものなどがあります。

慢性腎炎の検査

尿検査、血液検査、腎生検など。
尿検査では蛋白尿や血尿が持続的に認められるのを確認して、血液検査で腎機能の低下の有無を調べます。腎生検では腎臓の一部組織を取り出して顕微鏡で観察する方法で、詳しく調べられます。

慢性腎炎の治療

慢性腎炎を治療する根治的な特効薬がないために、進行を抑える治療が行われます。変換酵素阻害剤や受容体拮抗剤で、腎症の進行を抑制させたり、降圧薬で血圧をコントロールさせたりします。

スポンサードリンク


慢性腎炎(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .