尿道炎(症状/検査/治療)

尿道炎 を紹介しています。

尿道炎(症状/検査/治療)

尿道炎とは?

尿道炎は主に性感染症、化学物質による刺激などによって尿道に炎症が起こる病気です。

淋菌による性感染症では淋菌性尿道炎、クラミジアなどは非淋菌性尿道炎と呼ばれます。
なお、尿道狭窄や尿道損傷などを引き起こすと尿道炎にかかりやすくなります。

スポンサードリンク

尿道炎の症状

排尿痛、膿を含んだ尿、頻尿感など。
淋菌性尿道炎の場合は、感染後3日以内に激しい排尿痛が起こり、黄色い膿が尿道口からみられます。一方で非淋菌性尿道炎の場合は、淋菌性尿道炎と比べて症状が軽く、膿も目立たないことが多いです。

尿道炎の検査

淋菌性尿道炎の場合は、尿道口からみられる膿を顕微鏡観察すると、菌の存在を確認できます。一方で、クラミジアによる尿道炎の場合は、クラミジア抗原検査で診断します。

尿道炎の治療

薬物療法など。
原因菌に対しては抗菌剤を使用します。日常生活では性交、飲酒、刺激物などは避けるようにします。

スポンサードリンク


尿道炎(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .