腎盂腎炎(症状/検査/治療)

腎盂腎炎 を紹介しています。

腎盂腎炎(症状/検査/治療)

腎盂腎炎とは?

腎盂腎炎とは、腎盂に細菌が感染して炎症を起こす状態のことをいい、急性腎盂腎炎と慢性腎盂腎炎があります。急性腎盂腎炎には細菌感染による急性腎盂腎炎と尿路の流れに障害が起きることで起こる急性腎盂腎炎があります。炎症を引き起こす細菌には大腸菌が代表的で、尿道から侵入して腎盂に感染します。

スポンサードリンク

腎盂腎炎の症状

 急性腎盂腎炎の症状は突然ガタガタと震える悪寒(悪寒戦慄)を伴って高熱がみられます。また、冷や汗が出て、背中やわき腹に痛みを覚えることがあります。腎盂腎炎と同時に膀胱炎も起きている場合は、排尿時の痛み、頻尿、残尿感などの症状が起きます。
 慢性腎盂腎炎の症状は急性腎盂腎炎よりも軽く、微熱、倦怠感、わき腹部分の痛みなどがあります。

腎盂腎炎の検査

血液検査、尿検査、X線、超音波検査など。腎盂腎炎となると血液検査では白血球が増加し、血沈(赤血球沈降速度)の亢進、クレアチニンの高値となります。尿検査では蛋白尿の有無、細菌の有無を確認します。

腎盂腎炎の治療

急性腎盂腎炎で感染性の場合は、原因菌に対する抗生物質などの抗菌剤による薬物療法で行います。何らかの病気で尿路の障害を引き起こし、炎症が起きている複雑性腎盂腎炎の場合は、その原因となる病気を治療する必要があります。再発予防には水分を十分に取って、排尿を我慢しないことが大切です。

スポンサードリンク


腎盂腎炎(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .