全身性エリテマトーデス・SLE(症状/検査/治療)

全身性エリテマトーデス(SLE) を紹介しています。

全身性エリテマトーデス・SLE(症状/検査/治療)

全身性エリテマトーデス(SLE)とは?

全身性エリテマトーデス(SLE)とは膠原病に属する病気で、リウマチの次に多い病気です。

全身性エリテマトーデスの特徴は患者の約9割が女性で、10代や20代が多いということです。原因は未だはっきりとわかっていおりませんが、強い紫外線や過労、ストレスなどで症状を悪化させるといわれています。

スポンサードリンク

全身性エリテマトーデスの症状

特徴的な症状は皮膚にできる蝶形紅斑と呼ばれるもので、その他に発熱、倦怠感、食欲不振、体重減少などがみられます。
その他にもレイノー現象、関節炎、光線過敏症、胸膜炎、心膜炎、中枢神経障害などが起こる場合もあります。なお、レイノー現象とは手を冷やすと白くなって、その後紫色からピンクへと戻っていく症状です。

全身性エリテマトーデスの検査

抗核抗体、赤血球数、尿タンパク、心電図、胸部X線単純撮影、筋電図、脳波検査など。

なお、米国リウマチ学会による全身性エリテマトーデスの診断基準は次のようなものです。
1.頬部紅斑
2.円板状ループス紅斑
3.光過敏症
4.口腔内潰瘍
5.関節炎
6.腎障害
7.中枢神経障害
8.胸膜炎または心膜炎
9.血液異常
10.免疫学的異常
11.蛍光抗体関節法による抗核抗体

以上の診断基準11項目のうち4項目以上の症状があると、全身性エリテマトーデスと診断されます。

全身性エリテマトーデスの治療

基本的な治療では副腎ステロイド、非ステロイド系抗炎症剤(NSAID)で、重症の場合はステロイド大量投与と免疫抑制剤の投与、血漿交換療法などが行われます。

スポンサードリンク


全身性エリテマトーデス・SLE(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .